FC2ブログ

2020-08

酒蔵探訪③~秋晴れの三笑楽

9月某日、素晴らしい秋晴れの土曜日に
「酒蔵探訪」第3弾!
南砺市・三笑楽酒造を訪ねてきました~♪

三笑楽①

見てっ。この青空!
イベントごとに雨が続き…
危うく「雨女」の濡れ衣を着せられそうになったことも今は昔(笑)
最高のドライブ日和…いやいやいやいや
最高の取材日和となりました。

三笑楽②

ちょっと寄り道して眺望を楽しんだりして。

五箇山の豊かな緑の中、三笑楽酒造さんに到着。
出迎えてくださったのは、専務の山崎英博さん。

三笑楽⑭

山崎専務は杜氏さんでもあります。
山崎専務のほんわか~な、穏やかな佇まいに緊張もどこへやら。
そしてなんとゆっても長男の宗眞(そうま)くんのキュートなこと
恥ずかしくってすぐパパに隠れるくせに、
大好きなおもちゃ(レゴで作った宇宙基地)を持って、だんだん近寄ってくるのよー。
もうね、おばちゃんでれでれ。
天性の「年上キラー」ですな(年上にも程があるか

そんな宗眞くんも一緒に、蔵見学へ。
戦後に立て替えられたとゆう蔵は、実にキレイ

三笑楽③ 三笑楽④
 
決して大きくはありませんが、
あちこちに工夫がこらされた、機能的な蔵とゆう印象を受けました。
例えばこちらの「足場」

三笑楽⑮

梯子だけでは危ないですもんね。
一度上れば、隣のタンクへの移動もラクラク。

三笑楽⑤

みみさん、足場体験中。
ワタシも上ってみたかったけど…
バキッ!!ってなったらイヤなので自粛 
 
三笑楽⑯

上ったらこんな感じなんだって。

さらにその後、酒造りの心臓部「麹室(こうじむろ)」を見せていただきました。
酒蔵探訪3回目にして初体験です!!

三笑楽⑥ 三笑楽⑦

入った瞬間、木の香りと微かな麹の香りにうっとり
ここで酒米に麹をうえつけるわけですね。 
重量を量ることができる作業台は、北陸3県では三笑楽さんだけ。
重さを量ることで、酒米の水分量や状態がわかるそうです。

そしてどうゆうワケだかワタクシ…
杜氏さんでもないのに、ここにいると身が引き締まる思いでした。
なんともいえぬ凛とした空気…
蔵の中で一番神聖な場所なのでしょうね。

三笑楽⑨ 三笑楽⑩

そして天使に癒されるワケですよ

三笑楽⑫ 三笑楽⑬

瓶詰めの機械も見せていただきましたよ。
次は稼動してる時に見たいな~

RIMG1758_convert_20111012162511.jpg

初夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色…
季節ごとに彩りを変える山々に囲まれた三笑楽酒造さん。
そのおおらかで懐の深い味わいは、
昔ながらの伝統の酒造りに真摯に向き合う山崎専務の心意気と
厳しくも豊かな自然が育んでいるんだなあとしみじみ思いました。
山崎専務、宗眞くん、どうもありがとうございました!

三笑楽⑱

そんな三笑楽酒造さんから、この秋に届いたのが
平成22年1月に醸した原酒を熟成させた「熟成火入原酒」
春先の原酒を生のまま一夏低温貯蔵熟成させた「熟成生原酒」
どちらも北陸酒販だけの取扱商品です!
五箇山の景色に思いを馳せつつ、じっくり味わいたい逸品です


【おまけ】 利き酒なワタシ

三笑楽⑰

某PB商品の純米酒をちょっぴり飲ませていただきました。
うれしそうだな~ワタシよぉ。
ちなみにこの直後とったメモには…

「香りがすごい

それだけかよっ!!


【日直】 たま
 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://freshhokusyu.blog.fc2.com/tb.php/30-686b3232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

チーム北酒HP

Author:チーム北酒HP
富山県の酒卸会社・北陸酒販の公式HP作成チームです。
公式HPには載せられないこぼれ話や取材記録、時にはメンバーのプライベートもチラ見せ?
もちろん富山の地酒情報もありますよ。
気軽にお越しくださいませ♪
よろしくお願いします!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
つれづれ (67)
富山のお店 (12)
酔いどれ (56)
お知らせ^^ (68)
酒蔵探訪 (13)
グラウジーズ (12)
出張漫遊記 (21)
アテあれこれ (5)
富山のガラスと新酒フェア (105)
お仕事 (21)
富山の地酒 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる